葉物野菜....栄養アップと保存方法

健康・美容

葉物野菜....栄養アップと保存方法

野菜を冷蔵庫のどこに、どう保存するか、これを間違えるとビタミンCがむだに失われてしまいます。栄養を保つために最も効果的な保存法とは?

毎日の食生活で、よかれと思ってしている食品の保存法や調理法が、実は間違っていたとしたら?せっかくの食材の栄養を、むだにしているとしたら?
保存・調理法を誤解している人、実は結構多いんです。

そこで、栄養効果を最大限に引き出す野菜の切り方や、女性に不足しがちなカルシウムを増やす調味料の使い方、美肌効果につながる栄養をアップさせるトマトの食べ方まで、ちょっとした工夫で栄養効果を上げる技をご紹介しました。

出典 http://www1.nhk.or.jp

葉物野菜の保存方法

葉物野菜は温度が低ければ低いほど、ビタミンCを失わないんです。しかし、実は冷蔵庫の中でいちばん温度が高いのが野菜室。逆にチルド室は、メーカーにもよりますが、ー1度から2度くらいと、保存中に凍ったり溶けたりしてしまう温度のため、細胞が壊れ、栄養が流れ出ていってしまうことがあります。そのため、冷蔵室がいちばんいいんだそうです。それも、冷蔵室の下のほうが冷気がたまって低い温度になるため、冷蔵室のいちばん下の段に保存するのがおススメです。

野菜は呼吸をするとどんどん自身の栄養を使ってしまうので、呼吸を押さえるように袋などに入れて空気を抜き、封をすることも大事なんだそう。

疲労回復効果をアップさせる食べ合わせ

タマネギに含まれるビタミンB1の吸収を上げてくれる物質は、熱に弱いんです。なので、豚肉と一緒に合わせて中火で炒めるのがおススメ。


【広告】ガンコな汚れはおまかせください☺プロの技で徹底的に美しく綺麗に仕上げます☺

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ