「白いイチゴ」の新品種

健康・美容

「白いイチゴ」の新品種

イチゴの生産量が日本一の栃木県が、実が白い、大粒のイチゴを開発

栃木県が新たに開発した白いイチゴは「栃木iW1号」と呼ばれ、実が表面から中まで白く、粒は重さがおよそ20グラムと大きめで甘みが強いのが特徴

栃木県は主力品種の「とちおとめ」を中心にイチゴの生産量が年間2万5000トンと50年連続で全国1位を維持していますが、新たな特色ある品種を増やそうと6年かけて開発を進めてきました。

県は白いイチゴの名前を公募し、ことしから試験的に栽培したうえで、2年後の2020年に苗を農家に販売する予定で、赤いイチゴと紅白のセットにして贈答用などの需要も見込んでいるということです。





1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ