キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

<カビ退治> お役に立つワザ教えます!

健康・美容

<カビ退治> お役に立つワザ教えます!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

<住まいのカビ退治> お役にたちます!

<カビを根こそぎ倒す退治法>

その方法は、「50℃のお湯をかける」だけ!

<カビとはいえ生き物>
50度以上の熱に触れると、カビのタンパク質が変性し死んでしまうのです。
しかも、ゴムパッキンやタイル目地の奥など、カビ取り剤が届かないような場所でも、この方法なら関係ありません。

<お風呂場のカビ>

【コツ① カビを根こそぎ退治!】50℃のお湯を90秒間かける
まずは、浴室に生えたカビを根こそぎ退治しましょう。
ゴムパッキンや、タイルの目地に深く入り込んでしまったカビは、奥まで熱を伝える必要があります。
実験の結果、「50度のお湯を90秒間かける」ことで、表面から1ミリ深くまで、50℃に達することが分かりました。
奥まで入り込んだカビも、ほとんどは表面から1ミリ以内にいるので、これでほとんど死滅させることができます。
※シャワー以外の方法による加熱は危険なので行わないでください
※50度のお湯を出す方法は、給湯器や蛇口のタイプによって異なります。詳しくは説明書の指示に従ってください。

【コツ② カビの黒ずみを白くする】カビ取り剤&目地修正グッズでピカピカに!
カビが奥深くまで入り込んで黒さが取り切れない場合は、ホームセンターなどで売られている「目地修正グッズ」もおすすめです。
タイルの目地やゴムパッキンのカビを、白く塗りつぶすことで、目立たなくすることができます。

【コツ③ カビを予防!】1週間に1回、50℃のお湯を5秒間かける
カビは直接お湯がかかると、5秒間で死んでしまいます。
そのため、1週間に1回、カビが成長する前に、50℃のお湯を5秒間かければ、カビを予防することができます。

<浴室の天井 >

①お掃除用のワイパーに、キッチンペーパーをつける
②消毒用のアルコールで湿らせて、1か月に1回、天井を拭く
※天井に50℃のお湯をかけると、やけどの可能性があり危険なのでやめてください。

<こすっちゃダメ>

ゴムパッキンをゴシゴシこすると、キズがついて表面がデコボコに。するとミクロのカビ胞子が入り込み、繁殖する原因となります。

ゴムパッキンのお手入れは、優しく拭き取るように行ってください。

<エアコン内部>

「冷房後に、“送風”をおよそ1時間行う」
結露した内部を、乾燥させることでカビの増殖をストップさせます。



ドライエアブローを使うことによって、寝具に温風を通すことで湿度の調節をし、ふとんの表面だけではなく、ふとんの内部の温度を上げるためにも効果があります。
ダニが繁殖しにくい環境をつくるためにも温度や湿度を調節することが重要だと言われています。


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!