<健康を保つ秘訣> 免疫が健康の鍵

健康・美容

<健康を保つ秘訣> 免疫が健康の鍵

健康長寿は皆の願いでしょう。老化とともに「免疫力」が低下し、病気になるリスクが高まるそうです。しこで、「免疫」について、調べてみました。

<「免疫力」は、24時間休まず、あなたの体を守っています。>

「免疫力」ということば、TVの健康番組でもよく耳にします。
健康を守るため体に大切と分かってはいます。
いったい「免疫力」はどんなものなんでしょう。

<免疫とは、細胞やウイルスなど、病原体の攻撃から私たちの体を守る仕組みのことです。>

私たちの体の中には、白血球を主体とする無数の免疫細胞があります。
普段、それらは絶えず体中動き回っています。
例えば、転んで傷ができます。そこから病原菌が侵入してきたような場合は、免疫細胞が協力し、侵入を防ぎます。そして、体内に散って、動き回ります。
簡単に言ってしまうと、免疫とは自分の体とは異なる「異物」を排除する機能と言えます。

<私たち人間には「自然免疫」と「獲得免疫」の2つの免疫機能があります。>

自然免疫とは、あらゆる生物に備わった、とても原始的な免疫機能です、異物とわかると、すぐに撃退し、体を健康な状態に保とうと働きます。ここで力を発揮するのは「NK細胞」です。NK(ナチュラルキラー)細胞は全身のいたるところに存在し、日々パトロールしてくれています。しかい、NK細胞が弱まってしまうと、ウイルスや病原菌体が抑えきれず、「病気」になるリスクが一気に高まります。

獲得免疫とは、自然免疫だけでは処理しきれない病原菌体や、増殖して自然免疫では対抗しきれない場合に働く免疫機能です。
・特徴
①自然免疫よりも細かな違いを見分けることができる。
②多様な異物を認識できる。
③異物を記憶できる。
異物の記憶というとピンと来ないかもしれませんが、おたふくかぜ水ぼうそうは、一度かかれば二度かかることはまずないことを
皆さんはご存じかと思います。この現象は「免疫記憶」と呼ばれています。

私たちの回りには、目に見えない病原体がいたるところにウヨウヨいます。
また、体内でも、絶えずガン細胞生まれています。それにもかかわらず、私たちは簡単には病気にはなりません。
私たちが健康でいられるのは、免疫の仕組みが絶えず働いているおかげなのです。

<免疫力は加齢とともに衰えていきます。>

この免疫力も、他の身体機能と同じく、加齢とともに衰えていきます。
20代前後ごろをピークとして、年齢を重ねるごとに低下してしまうことがわかっています。
また、加齢のほか、心身へのストレスによっても、免疫力が低下します。
免疫力が低下してしまうと、風邪などの感染症はもちろん、深刻な病気を発症するリスクも高まります。

<免疫が健康のカギ>

年齢とともに低下する、免疫力。では、どうやってそれを高めていけばよいのでしょうか。
①体の中をずっとパトロールしてくれているお巡りさんのような「自然免疫」、特にNK細胞を高めておく。
②何よりも大切なことは、食事。キノコ類や乳酸菌などを普段から食事に取り入れる。
③食事にも限界があるので、より凝縮された免疫活性化成分を取り入れる。

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ