<善玉コレステロール> 質が大事

健康・美容

<善玉コレステロール> 質が大事

健康診断でおなじみの血液検査での「コレステロール」値、気になりまますよね。このコレステロールにはLDL(悪玉)とHDL(善玉)という2つの種類がありますが、一般的には善玉が多ければ良いと考えますが、NHKガッテンで「青魚を食べる」ことで善玉の質を上げることが大切と放送していました。そこでまとめてみました。

「悪玉」は体の様々な細胞の材料となるコレステロールを運ぶ役割、そして「善玉」は血管の中で増えすぎたコレステロールを回収する役割を持っています。

悪玉の数値が高いと、将来脳梗塞や心筋梗塞を起こす危険性が高まることが知られています。

ならば、「血管のお掃除をしてくれる善玉は多い方がいいよね!」と考えがちですが、話はそれほど単純ではないことが最新の研究で明らかになりました。

実は、善玉が余分なコレステロールを回収する能力、いわば“吸う力”には個人差があり、その“吸う力”が脳梗塞のかかりやすさに深く関係していることが分かってきたのです。

<善玉コレステロールは “質が大事” >

昨年、善玉の“吸う力”についての重要な研究結果が報告されました。
24年前に採血された血液サンプルを使うことで、善玉コレステロールと病気の関係がよりはっきりと分かったのです。
この研究によると、善玉の吸う力が高い人は、低い人に比べて脳梗塞になるリスクが6割も減っていました。
さらに、善玉の数値、つまり量が多いか少ないかで調べると、脳梗塞のリスクに有意差は認められませんでした。
つまり、善玉コレステロールは“質が大事”だということが分かったのです。

<善玉の“吸う力”を上げる、魚のアブラ「EPA」!>

今回、20~60代の50人の方に協力していただきました。
善玉の吸う力が高い人と低い人では何が違うのかを大調査しました。
すると分かったのは、善玉の吸う力が高い人は、血液の中の「EPA(エイコサペンタエン酸)」の濃度が高い、ということでした。
「EPA」とは、オメガ3という油の一種。
そして、このEPAは特に「青魚」に多く含まれる油として知られています。
番組では善玉の吸う力が低い人5人に2週間、毎日1食、食事のメニューに青魚を加えてもらいました。
すると、5人のうち4人の善玉の吸う力がアップしました。
また近年、日本人の魚の摂取量が減少しています。
食事のメニューをお肉からお魚に置き換えるだけでも悪玉コレステロールを減少させる効果が期待されると言われています。

ぜひ毎日の食卓に「青魚」を加えてみください!

<記事の元>

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ