<ニンニク> ニオイを抑える調理法

健康・美容

<ニンニク> ニオイを抑える調理法

にんにくの健康効果は分かっているが、あの匂いがねー。このにおいを解決しくれる調理法により、唯一の弱点「食べたあとのニオイ問題」を解決するワザ!

健康食材の王様といわれる「ニンニク」は、コレステロールや血圧を下げてくれたり、がん予防の効果がトップクラスだったりと、その力には世界中が注目しています。

この健康効果をしっかりと頂きながら、「ニンニク」の唯一の弱点「食べたあとのニオイ問題」を解決するワザです。「ニンニク」にちょっと一工夫するだけで、ニンニクを使う料理が楽しめます。

<まるごと加熱>

ニンニクを切る前に「丸ごと加熱する」と酵素の働きを失わせることができるため、ニオイの発生が抑えられます。

・ニンニクには、獣や虫などの外敵に襲われた際、「イオウ化合物」という成分で身を守るしくみがあります。
・ニンニクのイオウ化合物は、食欲をそそるいい香りに感じられたり、がん予防や血液さらさら作用などの健康効果が認められています。

<丸ごと加熱の不思議な力>

煮込み料理をつくるとき、材料と一緒に「にんにくを丸ごと」煮るだけ。

アリインなどのイオウ化合物が煮汁に溶け出し、さまざまな効果。

ニオイが抑えられるだけでなく、料理の味にうれしい変化。

・コクだし効果
うまみ成分が入った料理に加えると、味の厚みや持続性が増して、料理のコクがアップします。 豚汁やスープなどがオススメです。
・味をまとめる効果
カレーに加えると、刺激が抑えられたり、一晩寝かせたようなまろやさがでたりします。 素材の味と調味料の味がなじみやすくなるため、しょうが焼きなどに加えるのもオススメです。
・臭み消し効果
丸ごとにんにく自体は、ほとんどニオイがしないのに、料理に加えると肉や魚、野菜の生臭さを消してくれる効果があります。煮魚や、もつ煮などに入れるのがオススメです。

にんにくの量は、料理1人前に対しひとかけがオススメ。ただし少量でも効果が期待できるので、お好みで入れて下さい。にんにくは食べる前に取り出してもOKですが、15分ほど煮ると柔らかくなり、ホクホクとした食感が楽しめます。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ