<たけのこ> あく抜きを短時間で出来ます!

健康・美容

<たけのこ> あく抜きを短時間で出来ます!

春を代表する食材・筍(たけのこ)の「あく抜き」を短時間でできる方法と、絶品の天ぷ・たけのこごはん・煮物などの料理法をガッテン番組が伝授していました。そこでまガッテン流をまとめてみました。

通常のあく抜きは、米ぬかなどと一緒に1時間ほど煮たあと、さらにおよそ一晩放置。後処理も面倒だったりします。

しかし今回、そんな大変なあく抜きを、たった1、2時間で出来るという裏技を発見したガッテン流です。

それは「大根おろしの汁」につけるという方法。

煮る作業が不要ですし、、後処理もラクチンです。

たけのこ天ぷらは、シャキシャキ食感と、たけのこ本来の甘みも味わえるといいます。

<あく抜きの裏技・大根おろし法>

[材料]
•生たけのこ 1本(皮をむき、料理に合わせた大きさに切っておく)
•大根 約1/3本
•水 大根おろし汁と同量
•塩 大根おろし汁と水を合わせた量の1%
[作り方]
1.大根を皮ごとすりおろす。えぐみを抜く効果を高めるために“皮ごと”がポイント。 大根の使うところは、上の部分でも下の部分でもOK!
2.すった大根おろしをこして、おろし汁のみにする。(大根おろしは別の料理に使ってね!)
3.大根おろし汁に同量の水を加え、全体量の1%の塩を加える。
その中に切ったたけのこを入れ、1~2時間つける。(産地や収穫してからの日数によってえぐみの強弱が変わるので、1~2時間たってえぐみが強ければ、つける時間をのばしてください。ただし、長くつけ過ぎるとたけのこ特有の甘みや香りが減ってしまうのでご注意を!)
4.たけのこをざる上げし、水で洗い流す(大根のにおいが気になる方は5分ほど水につけ、その後で料理に使ってください)

<たけのこの天ぷら>

[材料]
•生たけのこ 1本
•小麦粉 50g
•水  100g
•油 適量
•塩 適量
[作り方]
1.たけのこは皮をむいたあと縦1/4に切る。下の方はかたいので8mmほどの薄さにカットし、上の穂先の部分はくし形に切る。
2.【大根おろし法】であく抜きする。
3.水気を拭きとったたけのこに小麦粉を薄くつける。(※この小麦粉は分量外です)
4.小麦粉と水を混ぜたもので衣をつけ、170℃の油で3分ほど揚げる。泡が小さくなったときが、揚げ終わりの目安。
5.軽く塩をふって完成!味付けはお好みで。

<たけのこごはん>

[材料]
•生たけのこ 150g(※サイズにもよりますが、およそ1/4~1/3本。お好みに合わせて量を変えてください)
•米 2合
•油揚げ(みじん切り) 1枚
•A
しょうゆ 大1
酒 大1
塩 小1/2
[作り方]
1.たけのこは皮をむき、根元は角切り、穂先はくし形に切る。
2.【大根おろし法】であく抜きする。
3.炊飯器に米とAの調味液を入れ、2合の目盛まで水を加えたら一混ぜして、油揚げ、たけのこの順に加える。
4.「普通炊き」で炊飯する。早炊きだとたけのこの甘みが引き出せないので、普通炊きで炊くのがポイント!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ