<がん早期発見> 一滴の血液で分かるって本当?

健康・美容

<がん早期発見> 一滴の血液で分かるって本当?

血液の検査で13種類のがんを早期の段階で検出できる新たな技術を開発したと、先日、東芝が発表しました。

日本人の死亡原因で最も多い、がん。早期発見に向けて各社で技術開発が進んでいます。今回、開発されたのはどのような技術なのか、そして実用化の見込みはどうなっているのでしょうか。

<13種類のがんを早期に検出できるというニュース>

東芝が、東京医科大学や国立がん研究センターと共同で技術開発を進めてきたものです。採取した血液1滴だけで、一度に13種類のがんを網羅して調べることができるのが特徴です。

これまでの研究で、専用の小型検査装置を開発して検査したところ、2時間以内の検査で、がんの人とそうでない人を99%という極めて高い精度で見分けられました。

さらに、がんの大きさが1センチ以下でも検出でき、ステージ0と呼ばれる超早期の段階でも分かったとしています。

<一滴の血液で分かるなんてすごいと思う>

がん医療の分野で注目されている「マイクロRNA」という分子が関係しているんです。がん細胞から多く分泌されるマイクロRNAの濃度を血液から測定し、濃度が高いと、すい臓がんや胃がん、それに乳がんや肝臓がんなど、13種類のがんのいずれかにかかっていることが早い段階で分かるということです。

マイクロRNAを使う方法については、がんの治療法や診断法を研究している東京医科大学の落谷孝広教授が中心となって、企業や大学などと5年前から研究を進めていました。

検出できる13種類のがんには、肺がんと大腸がん、胃がんとすい臓がん、それに肝臓がんが含まれていて、この5種類は、特に死亡数が多い要因となっています。これらを早期に発見できる技術が生まれれば、多くの人の治療につながることも期待されます。

<実用化はいつ頃>

東芝は2020年度から実証試験を進め、数年以内の実用化を目指しています。実用化されれば、ほかの検査に比べて費用も安くなるとしています。

また、東芝のほかにも、繊維メーカー最大手の東レも技術開発を進めています。東レはまず、すい臓がんと胆道がんに絞って早期の実用化を目指しています。この2種類のがんは特に治療が難しいとされていますが、東レによりますと、がんかどうかを見分ける精度はすでに90%以上に達しているということです。

東レの技術は、厚生労働省が医療機器として使用することを承認するかどうか優先的に審査を行う「先駆け審査指定制度」の対象に指定されていて、東レは来年春にも審査の申請を行う方針です。

がんの早期発見は、がん医療の大きなテーマだと思います。マイクロRNAを使ったがんの検査がいつ実用化できるのか、これからさらに注目を集めそうです。




1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ