<野菜ファースト> 野菜を先に食べる食事法

健康・美容

<野菜ファースト> 野菜を先に食べる食事法

野菜を先に食べる食事法「野菜ファースト」は、これまで、血糖値の急激な上昇を抑える効果があると期待されてきましたが、野菜を先に食べるときに最も「重要なポイント」をNHKガッテンが伝えていました。

『野菜ファースト』を提唱した医師と管理栄養士の強力タッグ!野菜を先に食べる…だけではない、“真の野菜ファーストの極意”を伝授します。

<本当の野菜ファースト”やり方はコレ>

野菜を先に食べる食事法、“野菜ファースト”。
血糖値の急激な上昇を抑える効果があると期待されてきました。
ところが、野菜ファーストの提唱者・梶山靜夫(※青に靜の右側)さんと今井佐恵子さんいわく、野菜を先に食べるときの“ある重要なポイント”が抜け落ちているとのこと。

そのポイントとは、『5分かけて食べる』ということ!
これまで1400人以上に食事指導をしてきた結果、早食いの人はいくら野菜を先に食べても、血糖値があまり改善されなかったというのです。

野菜を先に食べるときは、よくかんで時間をかけながら食べることを心がけてみるのがおすすめです!

<食べる順番の最新研究> 炭水化物は最後に食べるべし!

今、世界中で盛んに行われている食べる順番の研究。岐阜大学の矢部大介教授がオススメするのが、『炭水化物を最後に食べる』という食べ方です。

注目したのは、主に腸から出る『インクレチン』というホルモン。
このホルモンは胃や腸の動きを遅くする作用があり、その働きを利用すれば糖の吸収スピードを抑えられるといいます。

そのインクレチンの分泌を促すために有効なのが、肉や魚に含まれるたんぱく質や脂質です。

だから、野菜と共に肉料理や魚料理などのおかずも先に食べ、炭水化物を最後に食べる…という食べ方でも血糖値の急上昇を抑える効果が期待できるのです



1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ